満島ひかり 笑顔で意味深なOKサイン 永山絢斗と交際発覚後初のツーショット

[ 2017年6月27日 20:17 ]

映画「海辺の生と死」の完成披露上映会に出席した満島ひかりと永山絢斗
Photo By スポニチ

 女優の満島ひかり(31)と俳優の永山絢斗(28)が27日、映画「海辺の生と死」(監督越川道夫、7月29日公開)の都内で行われた完成披露上映会で舞台あいさつに立った。

 満島が作家の島尾ミホをモデルにしたトエ役で主演し、その夫で作家の島尾敏雄がモデルとなった朔中尉を演じた、実話に基づく愛のドラマ。2人はこの共演をきっかけに交際をスタートさせた。

 一部女性誌で、昨年12月のけんかが原因で溝ができたと破局をにおわせる報道が出たが、舞台あいさつでは交際に関しては発言せず。隣同士で立った2人が視線をかわすこともなかったが、満島がロケ地の奄美大島の子供たちとの会話にふれ、「トエ先生は好きな人のために死ぬんですか、と聞かれ、そうだよと答えたら、そんな男はやめておきなさいと言われた。あっ、永山くんのことじゃないですよ」と話す一幕があった。

 退場の際、取材陣から声をかけられると、永山は笑みを向けたもののノーコメント。満島が発した声は会場の拍手にかき消されたものの、指でOKサインをつくり意味深な笑顔で会場を後にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年6月27日のニュース