謹慎解除の狩野英孝 CS放送でテレビ復帰「もう休まないように」

[ 2017年6月27日 14:35 ]

CS放送「怪談のシーハナ聞かせてよ。」の収録に参加した狩野英孝(中央)
Photo By 提供写真

 今年1月に女子高生との淫行疑惑で芸能活動を無期限謹慎となり、今月1日付で処分を解除されたお笑いタレントの狩野英孝(35)がテレビ復帰を果たすことが27日、分かった。26日に行われたCS放送エンタメ〜テレ「怪談のシーハナ聞かせてよ。」(月曜深夜1・00)の収録(7月24日放送分)に参加し、番組復帰した。

 2016年1月にスタートした怪談番組。MCを務める狩野は以前と変らぬ司会ぶりを披露し、怪談の途中に恐怖のあまり跳びはねてイスから転げ落ちるというナイスリアクションも。

 狩野は今年1月、17歳の女子高生との淫行疑惑を写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)に報じられ、東京都内で釈明会見。「彼女は22歳だと聞いていた」と主張し、故意の淫行は否定。しかし、私生活において昨年からスキャンダルが続き、所属事務所は無期限謹慎に。今月1日付で「本人も以前の生活態度を深く反省して、自覚を持って行動するようになったので復帰ということにいたしました」と処分を解除した。

 久しぶりの収録に「楽しかったです。帰ってきたなという感じがしました。先ほど、私が休んでいる間、この番組に関しての視聴者からの問い合わせが多数あったと聞きました。待ってくれている方がいてくれて、本当にうれしいです。そして、これまでいろいろと恐い体験をしてきましたが、やっぱり怪談は恐いですね」と感想。「もう休まないようにします」と笑いながら「待っていてくれた方、本当にありがとうございます。そして『怪談のシーハナを聞かせてよ。』を見たことがない方も、恐くて楽しい番組になっておりますので、応援のほど、よろしくお願いいたします」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年6月27日のニュース