「小さな巨人」最終回の総合視聴率25.7%、全10話の平均総合で今期民放ドラマ1位に

[ 2017年6月27日 18:53 ]

俳優の長谷川博己
Photo By スポニチ

 18日に放送された俳優・長谷川博己(40)が主演を務めるTBS日曜劇場「小さな巨人」(日曜後9・00)最終回の総合視聴率が25・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。全10話の総合視聴率平均も21・3%で、今期民放ドラマ1位(27日現在)を獲得した。最終回の平均視聴率は自己最高の16・4%で有終の美を飾っている。

 総合視聴率とは、リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率(録画機器などで放送後7日以内に視聴)の合計(重複は差し引く)。

 警視庁と所轄の確執や警察内部の闘いを軸とした警察エンターテインメント。事件の謎解きのみならず、出世や人事も含めたリアルな警察、警察官の姿を描いた。

 「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」などのヒット作を生んだ伊與田英徳プロデューサー(49)、福澤克雄監督(53)が再びコンビ。今回、福澤監督は監修に回り、田中健太氏(37)渡瀬暁彦氏(36)池田克彦氏(35)が演出を担当。伝統ある同枠において30代トリオが演出を務めるのは極めて異例だった。脚本はTBS「TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜」フジテレビ「無痛」などの丑尾健太郎氏(40)。「半沢直樹」などの八津弘幸氏(45)が脚本協力を務めた。

 長谷川が演じたのは、東京の治安を根底から支える警視庁「捜査一課」の刑事・香坂真一郎。将来は、警視庁4万人の現場警察官の頂点に立つ最高指揮官「捜査一課長」を期待されるエリートだったが、ある事件を機に人生が一変。所轄の警察署に左遷。出世街道から外れる一方、懸命な所轄の同僚たちを目にし、刑事としての使命に悩みながらも、自らの正義を信じて悪に立ち向かう。香坂のライバル・山田春彦を岡田将生(27)、香坂の最大の敵となる捜査一課長・小野田義信を香川照之(51)が演じた。

 最終回は、警察と学園の不正の証となる裏帳簿に、香坂(長谷川博己)の父の名前が載っていた。父も17年前の不正に加担していたのか?衝撃を隠せない香坂は、もう一度過去の事件と向き合う。さらに江口(ユースケ・サンタマリア)警部殺害の真犯人像として、新たに小野田(香川照之)一課長が浮かぶ…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年6月27日のニュース