舞台「ヘドウィグ」原作者が主人公熱演 10月に日本初上演

[ 2017年6月27日 18:30 ]

ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」特別公演のビジュアル
Photo By 提供写真

 2001年に映画化もされた傑作ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の特別公演が今年10月14〜15日に東京・渋谷の東急シアターオーブ、同17日にNHK大阪ホールで行われ、原作者のジョン・キャメロン・ミッチェル(54)自身が主人公ヘドウィグを演じることが27日、分かった。ミッチェルは15年の米ブロードウェー公演で主演を務めたが、日本上演としては初の試み。演劇ファンの話題を呼びそうだ。

 旧東ドイツ生まれのロック・シンガー、ヘドウィグが米国に渡り、愛を求める姿を描く物語。

 1997年からオフ・ブロードウェイで初上演され、ロングランを記録。01年には映画化され、ミッチェルが監督・脚本・主演。サンダンス映画祭観客賞や監督賞などに輝いた。マドンナ(58)らが熱狂し、舞台・映画ともに世界中に一大ブームを巻き起こした。14年にはリバイバル作品としてブロードウェイに進出し、トニー賞4部門制覇の快挙を遂げた。15年にはミッチェル自ら主人公を演じ、トニー賞名誉賞に輝いた。

 日本語版公演は04〜05年に三上博史(54)07〜09年に山本耕史(40)12年に森山未來(32)が主演し、日本においても人気の演目になった。

 今回、ヘドウィグのパートナー、イツァーク役に中村中(31)。演出は舞台「銀河英雄伝説」シリーズ、舞台版「バイオハザード」などのヨリコ ジュン氏が務める。

 ▼ジョン・キャメロン・ミッチェル 日本のみなさん、こんにちは。今年10月に「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」特別公演のため、東京と大阪に来日します。イツァーク役で共演するのは、美しく素晴らしい才能の持ち主、中村中。彼女は10年前にもイツァークを演じていて、彼女と共演できることが本当にうれしいです。そして、ヘドウィグの物語を再びお伝えできることに、今からワクワクしています。ぜひ、ヘドウィグのことを知らないお友達を連れて観に来てください。私たちはみんな家族、そして新しい家族は大歓迎です。ヘドウィグから、愛をこめて。みんなにお会いできるのを楽しみにしています。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年6月27日のニュース