桐山漣 たった二言だけ「これだけしゃべらない主人公も珍しい」

[ 2017年3月10日 17:11 ]

ドラマ「コードネームミラージュ」制作発表に出席した桐山漣
Photo By スポニチ

 俳優の桐山漣(32)が10日、都内でテレビ東京系ドラマ「コードネームミラージュ」(4月7日スタート、前1・23)の制作発表に出席した。

 同作は過去をなくした男が見えざる敵に立ち向かうVFXを駆使したスタイリッシュアクションドラマ。主人公のミラージュを演じる桐山は「あまり日本のドラマにはないような仕上がりになっていると思う。ドラマの枠を飛び越えて、海外の人が見てもすごいアクションドラマだと思ってもらえるように取り組んでいきたい」と意気込んだ。自身の役柄については「特殊工作員で簡単に言うなら殺し屋。本当にしゃべらなくて、1話の本読みをした時に僕がしゃべったのは二言だけ。これだけしゃべらない主人公も珍しいと思うので、目で表現していけたら」と語った。

 ガンアクション、ボディアクションも見どころで「この話をいただいてから一ヶ月間みっちりとアクションを叩き込んでもらった。速いのでまばたきをせずに見ていただけたら」とアピールした。また共演の佐野ひなこ(22)はミラージュを信頼している天才ハッカー役。「毎日パソコンに向き合っております。ハッカーの講習会に参加させてもらって、ハンカーのコンテストで優勝した方に指導を受けてます」と明かして共演者を驚かせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年3月10日のニュース