吉田類 主題歌にも挑戦 初主演映画で“飲んべえ応援歌”カバー 

[ 2017年3月10日 09:50 ]

「時代おくれ」を哀感漂わせて歌った吉田類
Photo By 提供写真

 BS―TBSの「吉田類の酒場放浪記」でおなじみの吉田類(67)が初主演映画「今宵、ほろ酔い酒場で」(監督長尾直樹)で主題歌にも挑んだ。故河島英五さんが歌った「時代おくれ」(作詞・阿久悠、作曲・森田公一)をカバーするもので、既にレコーディングも終えている。

 1986年に発売された同曲は日本酒メーカーのCMソングにも使われて人気を呼んだ。飲んべえの応援歌で、長尾監督が「この曲を類さんに歌ってもらおう」と熱望して実現に至った。吉田は「阿久悠先生が詞につづった、お父さんの悲哀を背景にしながらも、飲んべえが居酒屋で癒やされていく様子は、ふだん僕が見ている世界と同じなので、感情移入しやすかったです」と話している。

 映画は3つの居酒屋で繰り広げられる人間模様をオムニバスで描く。6月の公開に合わせ「時代おくれ」もポリスターからCD発売される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年3月10日のニュース