三谷氏新作舞台「子供の事情」天海祐希や大泉洋ら全員が10歳役

[ 2017年3月10日 18:40 ]

三谷幸喜氏の新作舞台「子供の事情」のビジュアル
Photo By 提供写真

 劇作家・演出家の三谷幸喜氏(55)が作・演出を手掛ける新作舞台「子供の事情」(7月8日〜8月6日、東京・新国立劇場中劇場)の公式サイトが10日、開設され、天海祐希(49)大泉洋(43)ら出演者全員が10歳役を演じることが分かった。

 出演は天海、大泉、吉田羊(43)小池栄子(36)林遣都(26)春海四方(57)小手伸也(43)青木さやか(43)浅野和之(63)伊藤蘭(62)の10人。三谷氏が昨年、脚本を担当したNHK大河ドラマ「真田丸」からは真田信之役の大泉、信之の妻・稲役の吉田、塙団右衛門役の小手が起用された。

 公式サイトには「小学校の教室を舞台にした、子供たちの物語を作りたいと思いました。でも芝居のうまい子役がなかなか揃わず、芝居のうまい大人の役者に集まってもらうことにしました。そんなわけで今回、出演者全員が10歳を演じます」と三谷氏のメッセージ。ビジュアルも初披露され、驚きの全員がジャージ姿。豪華キャストがどのように10歳を演じるのか、異色の作品として注目される。

 小手は自身のツイッターで「とりあえず小手さんがどう見ても“オフの力士が手形を押しているよう”にしか見えませんが…10歳です!小学生です!持ち前のベビーフェイスで頑張ります!どう頑張るかはまだ分かりません!」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年3月10日のニュース