高橋一生、安住アナと“独身あるある”で大盛り上がり 歯ブラシからパンツまで…

[ 2017年3月10日 23:49 ]

高橋一生
Photo By スポニチ

 俳優の高橋一生(36)が10日放送のTBS「ぴったんこカン・カン」(金曜後7・56)に出演。同局の安住紳一郎アナウンサー(43)と、独身ならではの“あるある”で盛り上がる一幕があった。

 互いに独身の高橋と安住アナがプライベートについてトーク。高橋は「洗濯楽しいし、料理好きだし…」と独身生活が苦でない様子で、安住アナは思わず「(その様子では)しばらく奥さん来ないですね」と一言。高橋は「犬がいるんで。弟もまだ未成年ですし、そうするともうなんか結婚とか…」と率直な心境を吐露した。

 そんな高橋に安住アナは「1人暮らしが長いと危険」と警告。「歯ブラシとか決められてますか。色とか決めてます?」とたたみかけると、高橋は「決めてます。紫です」と即答。安住アナは「それね、重症ですよ!だからそれ以外の色だと買いたくないし、私も水色オンリーです」と苦笑いで、自らも歯ブラシの色にこだわっていることを明かした。

 安住アナは「男の1人暮らしだと必ずそうなりますよ。で、パンツ全部一緒」と“独身あるある”を再び投下。高橋も「一緒です!全部つめてあります。同じパンツがズラーって、下着のところに」と激しく同意した。安住アナは「うっかり色変えたりすると、色に意味を持ち始めちゃって。この色はいたときに仕事大失敗したからだめだ!みたいな」と、同じ色に統一している理由を語り、「この色をはいたときにうまくいったから今日は…はくほどじゃない!!」などとパンツを選ぶシーンをかなりの熱量で再現してみせ、高橋を大笑いさせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年3月10日のニュース