「タッチ」の“幻のシーン”が…「ゲッサン」に約30年ぶり上杉達也が登場

[ 2017年3月11日 00:00 ]

11日発売の月刊少年漫画誌「ゲッサン」4月号の表紙
Photo By 提供写真

 あだち充氏の人気野球漫画「タッチ」の“幻のシーン”が、30年の時を経て描かれる――。

 11日発売の月刊少年漫画誌「ゲッサン」4月号(小学館)で、同誌に連載中のあだち氏の最新作「MIX」に「タッチ」の主人公、上杉達也が登場。小学館によると、1981年から86年まで「週刊少年サンデー」(同)に連載された際には描かれなかった甲子園の決勝戦シーンがよみがえるという。

 「MIX」は血のつながらない兄弟が甲子園を目指す野球漫画。「タッチ」と同じ舞台設定のため“続編”的作品として人気を集めている。2012年6月号から連載がスタートしたが、上杉達也が登場するのは初めてだけに、ファンの注目を集めそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年3月10日のニュース