長友「アモーレ」受賞にラブラブモード全開「相手がいるってことは幸せなこと」

[ 2016年12月1日 19:52 ]

「2016ユーキャン新語・流行語大賞」表彰式、トップテン入りした「(僕の)アモーレ」の受賞者として登壇した平愛梨
Photo By スポニチ

 年末恒例の「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の授賞式が1日、都内で行われ、サッカー日本代表のDF長友佑都(30=インテル・ミラノ)が、恋人である女優の平愛梨(31)を表して発した「(僕の)アモーレ」がトップ10入り。これを受けて長友が自身のツイッターを更新し、受賞に感謝した。

 長友は「流行語大賞トップ10に『アモーレ』を選んでいただきありがとうございます!」と感謝の言葉を述べると、「イタリアでは家族や愛する大切な人に対して日常的に使う言葉です」とアモーレの意味を改めて説明。「そう思える相手がいるってことは幸せなことですね」とラブラブモード全開で幸せムードを見せつけた。

 授賞式には、来年1月末に結婚する予定で幸せいっぱいの平が出席。長友は「大切な人に向けた言葉が日本の多くの人に使っていただき、今回の賞をいただいたことを心から嬉しく思います。自分自身がすごく好きな言葉なので、もっと多くの人に使ってもらえると嬉しいです。支えてくださるすての方に感謝しております。今の僕は、とにかくピッチの上で結果を出すために、頑張りたいと思います。本日はありがとうございました」とコメントを寄せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年12月1日のニュース