テレ東社長、新春時代劇見送りの理由「視聴者の特性が変わった」

[ 2016年12月1日 13:39 ]

 テレビ東京の高橋雄一社長が1日、東京・六本木の同局で開いた定例会見で、1980年から続いてきた正月1月2日恒例の新春時代劇が37回で途絶えることについて言及した。

 12時間のオンエアだった放送初期について「高い視聴率をとっていた時代があった」と振り返った上で、「視聴者の特性が変わってしまった」と分析。「(放送時間を)短くしたりの工夫もしてきたが、必ずしも“正月だから時代劇”と結びつかないと、ここ2、3年で感じ出していた」と突然の編成変更ではなかったと強調した。ただ、「時代劇をやめるという話ではなく、これからもやっていきます」と付け加えた。

 来年1月2日午後9時からは「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」が放送される。再来年以降のレギュラー化については「まだ議論にもなっていない」とし、「時代劇を見ていてくれた人は、“釣りバカ”なら受け入れやすいのではと願っている」と期待感を表明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年12月1日のニュース