藤竜也 共演の“娘”上野樹里をべた褒め「役者としてはユニーク」

[ 2016年10月8日 18:09 ]

映画「お父さんと伊藤さん」初日舞台あいさつに出席した藤竜也
Photo By スポニチ

 女優の上野樹里(30)が8日、3年ぶりの主演映画「お父さんと伊藤さん」(監督タナダユキ)が封切られた東京・新宿バルト9で初日舞台あいさつを行った。

 上野は、約400席がいっぱいになるスタートに「予想をはるかに超えている。もともと単館系ということで、気負わずのびのびやったのに、インタビューでは説明しながら感極まるケースが何度かあった。うれしい限りです」と満面の笑み。父親役の藤竜也(75)、恋人役のリリー・フランキー(52)と“家族”を形成し、「とても有意義な時間だった。家族の日常を描いているだけだけれど、三世代が本音をぶつけ合っていて、どの立場からも楽しめるのでありのままを見てほしい」とアピールした。

 藤も、マスコミの評価などをこまめにチェックしているそうで「僕もたまにはいい映画に出るので。でも、少しはけなされた方がいいんだけれどね。余計に心配しちゃう」と笑顔。“娘”の上野に対しては「きちんと育てたはずなのに、なんでこうなっちゃったんだろう。でも、役者としてはユニーク」と、「シティー派ワイルドキャット」と名付け称えた。

 さらに、リリーにも「おじさんの妖精」と名付け「いろいろ勉強させてもらった。僕はクラシックカーだけれど、リリーさんは新型のポルシェ。僕にもまだのびしろがあると思えた」と意気軒高。大先輩からの賛辞にリリーは、「俺なんか、廃車になっていますよ」と照れることしきりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月8日のニュース