マイクトラブルをフォロー 渡辺謙「ゴジラか?」

[ 2016年10月8日 07:52 ]

「怒り」釜山国際映画祭で公式上映

釜山国際映画祭のトークイベント後に出席した渡辺謙(右から2人目)と李相日監督(左)
Photo By スポニチ

 「怒り」は殺人事件の犯人が逃走する中、疑わしい男性と接する人々の?藤を描く感動作。釜山国際映画祭では、アジアの巨匠監督の作品を上映する「ガラ・プレゼンテーション」に招待された。李監督は「人はどこまで人を信じることができるかをテーマにした作品」と紹介した。

 会見ではマイクトラブルで爆音が会場に響くひと幕もあったが、渡辺が「ゴジラ(の雄叫び)か?」とフォローして笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月8日のニュース