はいだしょうこ「真田丸」で初大河!竹内結子の妹役“歌える豊臣家”

[ 2016年10月8日 14:00 ]

大河ドラマ「真田丸」に初役で出演するはいだしょうこ(C)NHK
Photo By 提供写真

 歌手でタレントのはいだしょうこ(37)がNHK「真田丸」(日曜後8・00)に茶々(竹内結子)の妹・初役で出演することが8日、分かった。大河ドラマ出演は初。

 初は浅井家三姉妹の次女で、徳川と敵対した茶々の相談相手として大坂城に入り、大坂冬の陣においては和睦交渉にあたる。徳川の使者は阿茶局(斉藤由貴)が務め、異例の女性同士の交渉となったことで知られる。

 はいだは宝塚歌劇団(1998年~2002年)出身で、退団後はNHK「おかあさんといっしょ」の第19代「うたのおねえさん」(03~08年)としても活躍。豊臣秀次役を好演した俳優の新納慎也(41)も元「うたのおにいさん」で“歌える豊臣家”となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月8日のニュース