ゲス乙女 ツアー最終公演チケット即売 活動休止前最後のライブ

[ 2016年10月8日 10:05 ]

川谷絵音
Photo By スポニチ

 交際中の未成年タレントと一緒に飲酒したとし、活動を休止することを発表した川谷絵音(えのん、27)がボーカルを務めるロックバンド「ゲスの極み乙女。」のツアーチケットが8日午前10時、各プレイガイドで発売開始され、最終公演(12月3日、Zepp Tokyo)は即日完売した。

 チケットぴあは発売1分以内に予定枚数を終了。ローチケ、イープラスも発売と同時に売り切れたとみられる。

 同バンドは来月10日からワンマンツアー「林檎を落としたのは、だーれだ」を開催。12月3日の東京公演を最後に活動を当面休止する。また、同7日に予定していたアルバム「達磨林檎」の発売も延期する。

 先月29日発売の「週刊文春」は川谷が8月下旬、当時19歳だったタレント・ほのかりん(20)と都内の飲食店で一緒に飲酒していたことを報道。これを受け、所属事務所は今月3日、「ゲスの極み乙女。」並びに川谷がボーカルを務める別バンド「indigo la End」の活動休止を発表した。

 川谷は「僕の軽率な行動によりファンの皆さまを失望させてしまったこと、活動をともにしているバンドメンバーや関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけいたしましたことを深くおわび申し上げます」とコメント。ほのかは、レギュラー出演していたNHK・Eテレ「Rの法則」と舞台「Luna Rossa」(13~18日)を降板した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月8日のニュース