毎日放送「よしもと新喜劇」で井上竜夫さん悼む「心よりお悔やみ」

[ 2016年10月8日 16:29 ]

5日に死去した井上竜夫さん
Photo By 提供写真

 大阪・毎日放送「よしもと新喜劇」(土曜後0・54)が8日に放送され、番組の最後で今月5日に亡くなった名脇役・井上竜夫さん(享年74)を悼んだ。

 「吉本新喜劇入団以来、53年間、竜じぃの愛称で親しまれてきた井上竜夫さんが今月5日、お亡くなりになられました。74歳でした。心よりお悔やみ申し上げます」。名場面の写真とともに、テロップとナレーションが流れた。

 吉本新喜劇の公演中継(公開録画)番組。土曜お昼の顔として長年、関西の視聴者に親しまれている。

 井上さんは若手時代から老け役を演じ「おじゃましまんにゃわ」などのトボけたギャグで浪速のファンに愛された。

 若い頃に結核を患い、呼吸器系の疾患で入退院を繰り返していた。2014年9月には公演中に体調不良を訴え、降板。その後、復帰したが、本拠地・なんばグランド花月での最後の舞台は15年2月16日。同年12月に大阪市内で行われた「吉本新喜劇まつり!2015」に登場したが、公の姿はこれが最後だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月8日のニュース