松ちゃん、小林麻央は「偉人に近い感じ」ブログで闘病つづる姿勢を絶賛

[ 2016年9月25日 11:10 ]

「ワイドナショー」に出演した松本人志

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(53)が25日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)の妻で、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央(34)が自身のブログを開設し、連日メッセージをつづっていることについて「偉人に近い感じ」とコメントした。

 麻央は今月1日に公式ブログを開設。「なりたい自分になる」と題した最初のエントリーでは「私は力強く人生を歩んだ女性でありたいから子供たちにとって強い母でありたいからブログという手段で陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」と理由を説明し、以降毎日更新を続けている。

 松本は、この日ゲスト出演したボクシングのダブル世界戦で日本人4人目の3階級制覇を達成したWBC世界スーパーバンタム級王者・長谷川穂積(35=真正)のファイトになぞらえ「攻撃は最大の防御。暗くなってもしょうがない。打って出るぞとういうのがこのブログ」と表現。ブログをつづる理由の一つとして「子供への思い。暗い思いをさせたくないというのもあるのでは」と推察し、さらに「素晴らしい。偉人に近い感じ」と麻央の、人間として、母としての強さを評していた。

 また、日本テレビ「NEWS ZERO」で共演していたタレントの長嶋一茂(50)は、当時の麻央について「いつも笑っていてポジティブ。いるだけで周りがお花畑いる感じになっていた」と紹介。「魂を振り絞って(ブログを)書いている。このポジティブな気持ちを貫いて何とかがんに勝ってもらいたい」と呼びかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年9月25日のニュース