平愛梨 セクシーショットに「肉付きがいい」「私って大人なんだな」

[ 2016年9月25日 18:04 ]

写真集「ANOTHER ME」発売記念握手会イベント前に取材に応じた平愛梨

 タレントで女優の平愛梨(31)が25日、都内の書店で写真集「ANOTHERME」(ワニブックス)発売記念握手会を開催。イベント開始前に報道陣の取材に応じた。

 女優として、とある1人の女性を演じきった渾身の作品で、企画から写真チェックまですべて自らで行ったセルフプロデュースの一冊。ことし7月にハワイで撮影した。「ここに至るまでは躊躇(ちゅうちょ)したんですけど、女優としてやろうというお言葉をかけていただいて、私も30代ですし、今のこのままの私を残せるのはこの仕事ならではなのかなと思って。私は外国人!と思いながら、ハワイの方で撮影させていただいた」と経緯を明かした。

 お気に入りのショットも「露出がないから」と選んだほど、露出には抵抗があるという平だが、すべて女性スタッフにより挑んだ撮影では「ネグリジェとか大人路線。ハイレグの水着も」とセクシーショットにも挑んでいる。ちまたでは“隠れ巨乳”との声も出ているが「肉付きがいいだけなんです」と照れ笑いを浮かべた。

 「足もあまり露出するほうではないので、恥ずかしかったです」と挑戦的な撮影を振り返り、「初日は顔もこわばってしまって、なかなか恥ずかしくてぎこちなかったみたいなんですけど、女性のカメラマンの方が私も脱ぐ!って水着で撮ってくれたんです。現場の女性陣、事務所のマネジャーさんも下着だったんですけど、脱いでくださって。みんながそういう空気を作ってくださってできました」と周りに支えながらの撮影だったことを明かした。その甲斐もあり、仕上がりにはとても満足しているようで「こんなに表情もできるんだ、私って大人なんだなと実感を持てました」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年9月25日のニュース