神木隆之介、将棋アマ初段に 「3月のライオン」でプロから指導

[ 2016年9月25日 05:30 ]

優勝した伊藤誠悟さん(右)に副賞を贈る神木隆之介。後方で谷川浩司氏が見守る

 「第5回J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」の全国大会が24日、東京都渋谷区の東京将棋会館で行われ、千葉県の中学2年、伊藤誠悟さん(13)が優勝した。表彰式には、将棋をテーマにした同名漫画の実写映画「3月のライオン」に主演する俳優・神木隆之介(23)がプレゼンターとして登場。伊藤さんが将棋盤に駒を置くときに響く駒音を映画の中で使用する「駒音出演権」を副賞として贈った。

 神木は17歳でプロデビューした天才棋士の役で、撮影では先崎学九段(46)らプロ4人から指導を受けた。その際の腕前が評価され、この日、谷川浩司日本将棋連盟会長(54)からアマ初段免状が授与された。「もっと将棋を勉強していきたい」と大喜びしていた。映画は来年3月18日に前編、4月22日に後編が公開される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年9月25日のニュース