「真田丸」さらば昌幸…草刈正雄ブログで感謝「おのおの抜かりなく」

[ 2016年9月25日 21:00 ]

大河ドラマ「真田丸」で最期を迎える真田昌幸(草刈正雄)(右は真田信繁=堺雅人)。第38話「昌幸」から(C)NHK

 NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)は25日、第38話「昌幸」を放送。主人公・真田信繁(堺雅人)の父で、知略軍略に優れた天才武将・真田昌幸の最期が描かれた。俳優の草刈正雄(64)が戦国時代を楽しむかのような豪快で飄々とした“ラテン系”キャラクターを第1話から熱演。MVP級の存在感で作品を牽引した。

 草刈は放送後、自身のブログを更新。「真田丸を楽しんでくれてる皆さん!!ありがとう!!」と感謝し「昌幸は天に昇ってしまいましたが、これからもずっと応援してください」と呼び掛けた。

 「これからは解禁にならなかった写真をポツポツとプログに上げていくつもりですよ」と自身のクランクアップ時に花束を受け取る写真をアップ。番組公式サイトは「回顧録 真田昌幸よ、永遠に」のコーナーで名場面・名台詞を振り返り、草刈は「ぜひ皆さん見てください!!これからも真田丸楽しんでください!!おのおの抜かりなく!!」と締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年9月25日のニュース