「イッテQ」イモト 裏番組「真田丸」草刈正雄に異例の労い

[ 2016年9月25日 22:45 ]

イモトアヤコ

 日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)に出演するタレントのイモトアヤコ(30)が25日夜、自身のツイッターを更新。裏番組のNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)に出演する俳優の草刈正雄(64)に「草刈さぁぁぁん!本当に本当にお疲れ様でした!」と異例の労いメッセージを送った。草刈が演じた主人公・真田信繁(堺雅人)の父で、知略軍略に優れた天才武将・真田昌幸がこの日の放送で最期を迎えたため。「イッテQ」と「真田丸」は激しい視聴率争いを展開中だが、今回ばかりは“一時休戦”となった。

 イモトは2014年8~9月に東京・パルコ劇場で上演された舞台「君となら」(脚本・演出三谷幸喜)で草刈と共演。イモトは初舞台で、草刈演じる小磯国太郎の次女・小磯ふじみを演じた。「真田丸」で茶々を演じる竹内結子(36)も同作で初舞台を踏んだ。

 この日は「イッテQ」2時間スペシャルでアルプスのアイガーに挑む登山部が放送され「大好きな小磯家族にお恥ずかしい姿は見せたくないという思いで出た一歩もありました」と草刈らに背中を押されたことを明かした。

 草刈は戦国時代を楽しむかのような豪快で飄々とした“ラテン系”キャラクターを第1話から熱演。MVP級の存在感で作品を牽引しただけに、SNS上は「真田丸」最大級のロス「昌幸ロス」が広がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年9月25日のニュース