超特急 地上波初の冠番組!ミッションに体当たりで挑戦

[ 2016年3月25日 09:10 ]

地上波の初レギュラー番組が決まった超特急(前列左から)カイ、タクヤ、ユースケ(後列左から)コーイチ、リョウガ、団長安田、ユーキ、タカシ

 男性7人組「超特急」が地上波で初の冠番組を持つことになった。4月3日にスタートするフジテレビ「超特急のふじびじスクール!」(日曜後5・25、関東ローカル)で、生徒役に扮したメンバーが話題の商品や作品などに関するミッションに体当たりで挑戦していく情報バラエティー。お笑いトリオ「安田大サーカス」の団長安田(41)がミッションを与える先生役で出演する。

 これまで同局の公式サイトで放送されてきたが、好評を受け地上波昇格が決まった。メンバーのコーイチ(21)は「たくさんの人に見ていただける機会になりますので、僕たちの魅力をしっかり伝えることができるように、全力で挑みたい」と抱負。ユーキ(21)は「新しい超特急の顔をお見せできるかと思います。そして何よりも、現場に体当たりして、さまざまな物事の良さを、僕たち超特急がひきだしていけたら」と張り切っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年3月25日のニュース