フジ社長 社員逮捕受け謝罪、再発防止へ「教育徹底していきたい」

[ 2016年3月25日 15:57 ]

フジテレビ

 フジテレビの亀山千広社長(59)が25日、東京・台場の同局で定例会見を行い、フジテレビ社員(24)が自分が住むマンション内で他人の部屋に入り住居侵入の疑いで逮捕されたことについて言及。「私どもの社員が逮捕されたのは事実。ご迷惑おかけして誠に申し訳ないと思っております」と謝罪した。

 「新入社員が酩酊(めいてい)して、とは聞いていたが、どうして家まで届けなかったのか」と周りの社員への苦言も。「教育というかそういう面も徹底していきたい」と再発防止に努めること明かした。また処分に関しては「検討中」とした。

 逮捕容疑は23日午前4時半ごろ、渋谷区恵比寿のマンションで50代女性が住む部屋に侵入した疑い。物音に気付いた女性が110番し、駆けつけた署員に取り押さえられた。

 警視庁渋谷署によると、逮捕時、容疑者は酒に酔っており、調べに対し「自分の家に帰ろうとしただけ」と容疑を否認している。

 同局は23日、「大変遺憾に思っております。事実関係を確認の上、厳正に対処する方針です」とコメントしていた。詳しい事情について遠藤龍之介専務取締役は「現在ヒアリングしている最中」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年3月25日のニュース