水谷千重子 3カ所で歌謡祭 今後の目標はロス公演

[ 2016年3月25日 05:30 ]

会見に臨んだ(左から)8・6秒バズーカーはまやねん、水谷千重子、八公太郎(バッファロー吾郎A)、8・6秒バズーカー田中シングル

 タレント・友近(42)扮する演歌歌手水谷千重子の「キーポンシャイニング歌謡祭」が24日、大阪市内で発表された。

 大阪(5月7日、フェスティバルホール)、名古屋(同11日、センチュリーホール)など3カ所での開催。“キーポン…”は「輝き続けましょう」との思いから。今後の目標を「ロスで公演して“千重ちゃ~ん”と呼ばれたい」、「(自分が)プロデュースした着物をレディー・ガガに着せて、ジョイントしたい」とした。一方、3日に72歳で亡くなった父勝之さんについては「(心境に)変わりはないです」とだけ語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年3月25日のニュース