有働アナ、玉木宏に仰天発言「声聞いてるとイッちゃいそう」

[ 2016年3月25日 11:22 ]

NHKの有働由美子アナウンサー

 俳優の玉木宏(36)が25日、NHK「あさイチ」(月~金曜前8・15)に生出演。連続テレビ小説「あさが来た」(月~土曜前8・00)への思いやプライベートについて語った。

 玉木は朝ドラで女優の波瑠(24)が演じる主人公・白岡あさの夫、新次郎役を務めている。番組オープニングでは、おなじみの“朝ドラ受け”に参加。この日の放送回は、あさの義兄・惣兵衛(柄本佑)が亡くなり家族が悼む、という内容だった。

 有働由美子アナウンサー(47)は「惣兵衛さんだけにしてほしい…」と新次郎の死は勘弁してと涙して訴えた。玉木が、新次郎が人生の終わりを意識していると答えると、有働アナは「この声聞いてると、イッちゃいそうで」とビックリ発言。井ノ原快彦(39)が「どこにイッちゃうの?」と聞くと「天国にイッちゃいそう」と新次郎の身を案じていた。演じている新次郎に関して玉木は「スマートで“無言実行”というか、空気を読んで行動ができる人。人生の中で指針になる人ですね」とコメントした。

 役柄同様にスマートなイメージがある玉木だが、プライベートに質問が及ぶと「家の中は汚いですよ。グチャグチャです。飲みかけの飲みものをそのまま残してしまったり…」と赤裸々に告白。井ノ原は「いいね。そういう話を聞きたかった」とニッコリ。

 弱音を吐くことのできる相手がいるかと聞かれると玉木は「ペットですね。でも(撮影で)大阪に行っているときに死んでしまって…」と告白。続けて井ノ原にいま人間ではいないの?と質問されると「人間ではいないですねえ」と答えた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年3月25日のニュース