泣いたお天気お姉さん 岡田みはるさん、ブログで“今後”語る

[ 2016年3月25日 11:30 ]

 25日の放送を最後に番組を降板することが一部で報じられた、NHK山形放送局「ニュースやまがた6時」(後6・10)でお天気コーナーを担当する気象予報士・岡田みはるさんが25日未明に自身のブログを更新。これまで応援してくれた方への感謝の気持ちや自身の“今後”についてつづった。

 タイトルは「新しい春がやってきますね」。岡田さんは「今日は、私のこれからしていこうと思っていることを話しますね」と切り出し、その意図を「皆さんに安心してもらうことにもなると思いますし、なんだ、これからも変わらず頑張るんだ、なんて、喜んでくださる方もいるかな、…と思いまして」と説明。気象キャスターとして活動する以前に天気アプリの開発に携わった経歴などを明かした。

 そして今後については「気象予報士として知っていることを、文章にまとめて、何か電子書籍やアプリにしたりしたい。講演会もしたい。テレビで発言もしたい。それから、天気と健康について研究されている方や、『天気痛』の治療をされている方などに、インタビューをするような仕事もしていきたいと思っています」と意欲満々につづり、「もちろん、気象キャスターも、ご縁あれば、頑張り続けたい」と付け加えた。

 岡田さんは昨年4月から同番組にレギュラー出演しているが、12月1日の放送で突然泣き出すハプニングがあり、それがネットなどで話題に。約1週間番組を休む“騒動”となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年3月25日のニュース