KAT-TUN「Mステ」でラスト4人唱 田口「終わりではなくスタート」

[ 2016年3月25日 21:35 ]

 今月いっぱいで田口淳之介(30)が脱退し、5月から充電期間に入る男性アイドルグループの「KAT-TUN」が25日、テレビ朝日系「ミュージックステーション春の3時間スペシャル」に生出演。メンバー4人での最後のパフォーマンスに臨んだ。

 KAT-TUNは亀梨和也(30)、赤西仁(31)、田口、田中聖(30)、上田竜也(32)、中丸雄一(32)の6人で06年にメジャーデビュー。10年に赤西、13年に田中が脱退し、田口が昨年11月24日に放送された日本テレビ系の音楽番組で、3月いっぱいでグループを離れ、ジャニーズ事務所を退所することを生発表。さらに先月13日にはグループが5月1日で充電期間に入ることを発表した。

 番組冒頭、この日が4人で最後のステージになることを紹介されると、亀梨は「この形をしっかり刻んで終えたいなと思っています」と宣言。歌唱前には、田口が「ここまで頑張って来られたのもファンのおかげ。KAT-TUNと僕とでそれぞれの道を進むことになりますが、終わりではなくスタートとして、希望にあふれたステージになれば」とメッセージを送り、デビュー曲「Real Face」を、ファンへ感謝の気持ちを伝えるように歌った。

 番組終了間際には司会のタモリ(70)から花束のプレゼント。田口が「(亀梨、上田、中丸の)3人で頑張ってもらいたい」とエールを送ると、亀梨が「安心してください、頑張りますよ」と答えるなど、最後まで笑顔のステージとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年3月25日のニュース