加藤紗里“三角関係”に疑いも「やったら狩野英孝にグーパンチ」

[ 2016年2月6日 10:45 ]

三角関係騒動についてコメントした加藤紗里

 お笑い芸人の狩野英孝(33)との交際が明らかになったタレントの加藤紗里(さり、25)が5日、7カ月ぶりに自身のブログを更新。“三角関係騒動”について「信じてはいますが、依然として三角関係なのかもしれないし、もしかしたら…って気持ちはなくはないし、そうなのかも?って思う場面も実はありますが」と揺れる心境を明かし「私は私なので、私らしくぶっ込みたいと思ってます」とつづった。

 今回の騒動は、歌手の川本真琴(42)が先月末に「半年前から彼氏がいる」とツイッターで告白したことが発端。一部スポーツ紙が「恋人は狩野」と報じたことで“二股疑惑”に発展した。

 加藤は「川本真琴さんと狩野英孝さんの熱愛がもともとニュースになっているのも見ていましたし、正直、私は別に自分がどうのこうのを言うつもりは一切ありませんでした。三角関係?ん?ってくらいで。それ本当なの?って本人に確かめたくらいです」と冷静に対応。ただ、騒動が大きくなり、狩野と相談した結果、2日夜に急きょ仕事先のタイから帰国した。

 「今後のことについてですが、考え中です。私が不特定多数の女の中の1人で…とか三角関係?いやそれ以上?っていうコメントや記事などもめちゃくちゃ目にしますがふざけんな!やれるもんならやってみー!やったらマジ、グーパンチでぶっ飛ばすからって感じ」と狩野にプレッシャーをかけた。

 4日にスポニチ本紙の取材に応じた加藤によると、狩野はバンコク滞在中の加藤に国際電話で「(川本とは)昨年夏に別れてから一度も会っていない。すぐに会いたい」と釈明。「“真剣だから。よそ見しないから”と言うので、信じることにしました」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2016年2月6日のニュース