ノーベル賞2氏に文化勲章、仲代達矢も 功労者に黒柳徹子、橋田氏ら

[ 2015年10月30日 11:30 ]

文化勲章受章が決まり記者会見する俳優の仲代達矢

 政府は30日、2015年度の文化勲章をノーベル医学生理学賞受賞が決まった大村智(80)と、同物理学賞受賞が決まった梶田隆章(56)、俳優の仲代達矢(82)、法律学・行政法学の塩野宏(84)、染織の志村ふくみ(91)、光通信工学の末松安晴(83)、神経科学の中西重忠(73)の7氏に贈ることを決めた。

 文化功労者には脚本の橋田寿賀子(90)、俳優・司会・エッセーの黒柳徹子、スポーツの川淵三郎(78)の3氏ら16人を選んだ。橋田氏はこの分野で初選出。女性は文化勲章1人、文化功労者5人の計6人で、過去最多の選出となった。

 文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同4日に東京都内のホテルで開かれる。

 文化功労者はほかに、情報科学・認知科学の安西祐一郎(69)、細胞生物学の大隅良典(70)、分子生物学の岡崎恒子(82)、政治学の佐々木毅(73)、歌舞伎の尾上菊五郎(73)、生化学・分子生物学の西村暹(84)、箏曲の野坂操寿(77)、狂言の野村万作(84)、民俗学の野本寛一(78)、応用物理学の浜川圭弘(83)、漆芸の三谷吾一(96)、小説の皆川博子(85)の各氏。梶田氏は文化勲章と同時に選出。大村氏は12年度に文化功労者に選ばれている。

 大村氏は抗寄生虫薬「イベルメクチン」を開発、人類の健康に多大な貢献をした。梶田氏は素粒子「ニュートリノ」に質量が存在することを突き止める成果を挙げた。

 仲代氏は映画「用心棒」「影武者」などに出演し、現代を代表する俳優として広い分野で活躍。塩野氏は行政法学の新たな理論的基礎を築いた。

 志村氏は植物染料による色糸を生かし、つむぎ織の芸術的価値を高めた。末松氏は新たな半導体レーザーを開発、現在の高速通信ネットワークの実現に貢献した。志村、末松両氏はそれぞれの分野で初受章。中西氏は神経伝達の分子メカニズム研究を進め、他の分野にも大きな影響を与えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年10月30日のニュース