騒動渦中の「水曜日のダウンタウン」8・3% 2回連続謝罪

[ 2015年2月19日 10:10 ]

 1月28日に取り上げた2つの福袋の放送内容をめぐり、今月4日と18日に2回連続(11日は特番のため休止)して謝罪したTBS「水曜日のダウンタウン」(水曜後9・56)の18日の平均視聴率が8・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

 問題があった1月28日は8・7%。1回目の謝罪をした4日は7・9%。

 4日に謝罪したのは、東京都三鷹市の100円ショップの福袋を取り上げた件。「安けりゃ何でもよいというわけでもなく」とのナレーション付きで一つも売れなかったと紹介したが、実際には用意した10袋は完売していたという。事実に反していたとして、4日の放送後に謝罪文を表示した。

 18日に謝罪したのは、ブックオフ西宮建石店の福袋を取り上げた件。「買うヤツはどうかしてる」などの表現を繰り返し用い、あたかも福袋の中身に価値がないかのような誤解を視聴者に与えたとして、18日の放送後に謝罪文を表示した。

 18日は篠原信一氏(42)とジャイアント白田(35)による柔道・大食い対決などを放送した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年2月19日のニュース