乃木坂46西野七瀬 「non―no」専属モデルに決定

[ 2015年2月19日 04:09 ]

「nonno」の専属モデルとなることが分かった乃木坂46の西野七瀬

 乃木坂46の西野七瀬(20)が、ファッション誌「non―no」の専属モデルとなることが分かった。

 19日深夜放送のニッポン放送「オールナイトニッポン」で発表されたもの。同枠は通常AKB48グループのメンバーが出演しているが、この日は「スペシャルウィーク」として「ここがラジオだ!ここでぶちまけろ~!乃木坂46西野七瀬スペシャル~~~!!!」と乃木坂46の新曲「命は美しい」で3度目のセンターを務める西野七瀬が出演、冒頭で泣いてしまうシーンもあったが、途中から片山一実(21)も加わって進行。

 番組終盤にリスナーの願いを7つ叶えた“ご褒美”を聞かれ「私、モデルさんの仕事がしたい」と言うと「ファッション誌『non―no』の専属モデルにしてやろう」と言われるという“コント”が展開された。

 その後「私、西野七瀬はファッション誌『non―no』さんでモデルを務めることになりました」と改めて発表。「すごいうれしい気持ちもあったけど、びっくりしたのが大きくて…」と初めて聞いた時の感想を語り「女の子のファンが増えたらいいな、と頑張りたいなと思います」と語った。

 同誌の専属モデルとしては本田翼(22)、大政絢(24)、鈴木友菜(22)らが活躍。番組では、鈴木から「一緒にnon・noを盛り上げていけるといいなと思っています」と激励のコメントも届き、西野nは「ありがたいですね。頑張りたいと思います」「私は、そんなにモデル体型というわけではないので、モデルさんとしては未熟なところばかりだと思うんですけど、そこを生かして、読者に一番近い存在として頑張って行きたいと思っております」決意を述べていた。

 乃木坂46としては、「Ray」の白石麻衣(22)、「CUTiE」の斎藤飛鳥(16)に続き、3人目の専属モデルとなる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年2月19日のニュース