菊川怜 ウイルス性胃腸炎 異変に気づいた笠井アナ「冗談に反応がなかった」

[ 2015年2月19日 20:48 ]

菊川怜

 女優でタレントの菊川怜(36)が19日、体調不良のため、MCを務めるフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)の生放送を途中退席した。同日午後、番組の公式ブログが更新。共演者の冗談に笑わなかったなど、放送直前の菊川の様子が明らかにされた。

 番組スタートから約15分後、菊川が姿を消した。MCの小倉智昭氏(67)が「怜ちゃん、ちょっと体調が思わしくないので、この後、お休みさせていただきます」と説明した。

 放送直前に会った同局・笠井信輔アナウンサー(51)は「スタジオのフロアまで行くエレベーターで一緒に乗り合わせたんだけど、冗談言ったら反応がなかった。あのギャグで笑わないんだから、あれ?どうしたのかな、と思って」と振り返った。放送前の打ち合わせで一緒だったサブMCの同局・梅津弥英子アナウンサー(37)は「疲れているのかな、と思っていました」という印象だった。

 菊川はすぐ病院に向かい、診察を受けた結果「ウイルス性胃腸炎」の診断。「安静にし、大事には至っていないということです。あす20日以降の放送については、体調を考慮しながら出演の可否を判断します」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年2月19日のニュース