剛力彩芽“大事な人3部作”の完結作で作詞に初挑戦

[ 2015年2月19日 05:30 ]

4月8日に発売される初アルバム「剛力彩芽」

 女優で歌手の剛力彩芽(22)の初アルバム「剛力彩芽」が4月8日に発売される。収録曲「ワガママは大事な人」で作詞に初挑戦した。

 シングルで発売した「友達より大事な人」「くやしいけど大事な人」に続く“大事な人3部作”の完結作。「友達より…」は友達、「くやしいけど…」は片思いの相手に向けて歌ったもので、剛力自身が締めくくりには家族への思いを歌いたいと希望。普段からインタビューなどで語ることが多い家族、特に母親への感謝の気持ちを書き出し、前2曲の作詞を手掛けた音楽プロデューサーいしわたり淳治氏(37)と相談しながら完成させた。

 ♪ワガママ言えるのはあなただけ 誰より大事な人 声に出して「ありがとう」伝えてみてもまだ もらったきりで 返しきれない

 「ワガママ」は「我がママ」という意味も含まれており、「レコーディングでは泣いちゃうんじゃないかと思った」というほど思い入れたっぷり。曲調は、これまでの元気なダンス調とは違いミディアムバラードで「これまでいろんな大事な人に向けて歌ってきたけど、母親に感謝の思いを伝えるって一番難しい。恥ずかしいし反発したいような気持ちも少しあるし…。でも、歌の中では素直に伝えられたんじゃないかな」と自信を見せている。

 シングル曲「あなたの100の嫌いなところ」も含め計11曲を収録。初めてのアルバム発売に「みなさんの毎日をHAPPYにできるアイテムになれたらうれしいです」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年2月19日のニュース