元「ガロ」の堀内護さん 胃がんのため死去 65歳

[ 2014年12月11日 11:10 ]

2013年、ライブで歌う堀内護さん

 「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」などのヒット曲で知られる1970年代のフォークグループ「ガロ」の元メンバー・堀内護(ほりうち・まもる)さんが9日午前3時9分、胃がんのため東京都内の病院で亡くなった。65歳。東京都出身。11日、フェイスブックなどで発表された。葬儀・告別式は近親者で行った。

 「ここ数カ月の短い闘病生活ではございましたが、思いのほか病魔の進行が早かったために、手当ての甲斐なく永眠いたしました。安らかに眠るような旅立ちでした」と報告された。葬儀・告別式は密葬で執り行われた。

 70年、日高富明さん、大野真澄(65)とともに「ガロ」を結成。堀内さんは「MARK」の愛称で親しまれ「学生街の喫茶店」「君の誕生日」「ロマンス」などのヒット曲で一世を風靡した。

 76年の解散後は一時音楽活動から離れたが、2007年に本格復帰。ライブを中心にソロ活動を続けていた。昨年9月にはアルバム「マーク from GARO 時の魔法」をリリース。これが遺作となった。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年12月11日のニュース