AKBに負けない!?“元祖アイドル”増田恵子33年ぶり握手会

[ 2014年12月11日 05:30 ]

新曲を披露するピンク・レディーの増田恵子

 ピンク・レディーの増田恵子(57)が10日、都内で6年ぶりのアルバム「愛唱歌」の発売記念会見を行った。新曲2曲と、愛をテーマにした名作9曲のカバーを収録。新曲「愛してるって言って」では32年ぶりに作詞にも挑み「最初は困惑したけど、楽しかった」と感想を語った。

 33年ぶりのインストアイベントにも挑んでいる。前日9日に地元静岡市でスタートし、15日まで計5回を予定。アルバムの購入者を対象にサイン、握手をしている。握手会といえば、最近ではAKB48グループの定番だが、元祖アイドルは「ファンあってのアイドル。直接触れ合うことは大事」と意義を強調。81年のソロデビュー時に行った握手会では、ファンが集まりすぎて、すし詰め状態の店内でケガ人が出るほどだった。19日に都内で行うコンサートでも握手会を実施する。

 ピンク・レディーとしての活動は11年以降行っていないが「いつでもいける準備はしている」と、現在でもクラシックバレエを続けるなどして再結成を心待ちにしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年12月11日のニュース