高橋みなみ 卒業発表の反響に驚き「人生で一番メールもらった」

[ 2014年12月11日 01:34 ]

AKB48の高橋みなみ

 1年後に卒業することを発表したAKB48グループ総監督の高橋みなみ(23)が11日未明放送のニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」(水曜深夜1・00)に生出演。8日に行われた東京・秋葉原の専用劇場でのデビュー9周年公演での電撃発表から2日経過し、あらためて決断に至った経緯などを口にした。

 「ます言わせてください。これはドッキリではございません」と切り出した高橋は、1年後の卒業をあらためて明言。発表後の反響は予想以上に大きかったようで「人生で一番メールをいただいた」「“時の人だね”と言われた」と驚いた様子を見せた。

 卒業については、同じ1期生の前田敦子(23)が12年8月に卒業したときから意識していたといい「節目の10年をめどに」と来年に独り立ちすることを決意。総合プロデューサーの秋元康氏(56)と1カ月半前に会食した際に、自分の意思を伝えたところ「だったら、準備もあるから、1年前に言うのがベストだろう」と8日の9周年公演での発表に至ったことを明らかにした。

 公演2日前、フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!SP」(後7・00)では、ナインティナイン岡村隆史(44)との“熱愛ドッキリ”で高橋の卒業をネタに放送していた。それだけに「あれがリハーサルではないけど、メンバーも卒業の準備、態勢ができていて、みんなザワザワしないですんだ」と、「めちゃイケ」への感謝の言葉も口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年12月11日のニュース