小栗旬 本音は「怖い」 実写版ルパンお披露目で“重圧”告白

[ 2014年8月5日 05:30 ]

映画「ルパン三世」ワールドプレミアで、花火の演出に驚く黒木メイサ(左)と小栗旬

 小栗旬(31)主演の映画「ルパン三世」(監督北村龍平、30日公開)の世界プレミアが4日、都内で行われた。

 人気アニメの実写化とあって「見てもらえるのはうれしいけど怖い。ドキドキしてる」と本音。舞台あいさつでは、峰不二子役の黒木メイサ(26)と即席芝居も。「ごめんね、ルパン」という黒木に、「そりゃないぜ、ふ~じこちゃ~ん」とおなじみのセリフを披露。観客4000人の大歓声に勇気づけられ、「きょうはここにいる4000人のハートを盗みたい」とニヤリと笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年8月5日のニュース