愛之助 アッコに熊切との交際突っ込まれ「おかげさまで」

[ 2014年8月5日 13:57 ]

「大坂の陣400年天下一祭」の特命応援隊を結成した和田アキ子(右)と片岡愛之助

 歌手の和田アキ子(64)と歌舞伎俳優の片岡愛之助(42)が、「大坂の陣」400年を記念し今年10月から来夏にかけて開催されるイベント「大坂の陣400年天下一祭」の特命応援隊を結成し、5日、都内での就任式に臨んだ。

 生まれて初めてという勇ましい甲ちゅうに身を包んだ和田は、「暑いけれど、テンションが上がりますよね」とご機嫌。「不思議なことに誰かを倒したくなる」と臨戦態勢を取り、初対面の愛之助を「味方ですから勘弁してください」と震え上がらせた。

 それでも和田は、愛之助が出演した歌舞伎を観劇したことがあるそうで、「私だけを見てセリフを言って、見えを切ってくれたと思い大感動した。初めて会って、今までも好きだったけれど、大好きになった」とぞっこんの様子。これには愛之助も「テレビで拝見していて怖いというイメージはあったけれど、すごく優しくてビックリしました。ご一緒できて光栄です」と恐縮しきりだ。

 さらに、今回の仕事に当たって愛之助のことを調べたそうで、タレント・熊切あさ美(34)との交際について「どうなん? 順調?」と取材陣に代わって質問。愛之助も照れることしきりで、「アッコさんに言われたらねえ。おかげさまで」と順調な交際ぶりを白状した。

 大阪城を中心に大阪府内各所で開催されるイベントに関しては、愛之助が「(故中村)勘三郎のお兄さんもやられていましたが、大阪城をバックに歌舞伎をやってみたい」と提案。和田も同調し、「新しいアレンジの歌舞伎で、それに合った雄大な曲を作ってもらい私が歌いたい」とコラボレーションを誓い合っていた。

 そして、和田が「人生の半分は東京だけれど、いまだに大阪=和田アキ子と言われる。私を育ててくれた大阪をとことん宣伝します」と宣言。「大阪は(USJの)ハリー・ポッターだけちゃうでえ」と気炎を上げていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2014年8月5日のニュース