山本譲二 歌手デビュー40周年記念公演 師匠北島が支えだった

[ 2014年4月25日 05:30 ]

デビュー40周年記念公演でギターの弾き語りを披露する山本譲二

 山本譲二(64)が歌手デビュー40周年記念公演を24日、東京・渋谷公会堂で行った。

 歌手生活を振り返り「特につらかったのは、急に耳が聞こえなくなった時と、妻が乳がんを患った時」としんみり。支えになったのは師匠の北島三郎(77)の存在で「長く続ける秘けつを聞いたら“秘けつなんてない。ただ一つ、人間性だ。とにかく自分を磨け”と言われた。今でもあの言葉を忘れないようにしている」と話した。

 公演では最新曲「放浪(はぐれ)酒」など13曲を披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月25日のニュース