超新星 韓国船沈没事故受けライブ中止、振り替え公演は行わず

[ 2014年4月25日 05:30 ]

 韓国の男性6人組「超新星」らが出演を予定していたライブイベント「ASIAN STARS SUPER LIVE」(26~27日、大阪城西の丸庭園)が、韓国の南西部沖で16日に発生した旅客船「セウォル号」沈没事故を受け中止されると24日、発表された。

 初開催される「大阪国際音楽フェスティバル」(26~29日)内のイベントで、同フェス実行委員会や大阪観光局が主催する。同委員会では「アーティスト側からの申し出ではなく、韓国の多くの若者が犠牲になった中で遺族の心情などを鑑み、主催側が自主的に判断した」と言い、「公共の催しのため、“なぜこんな時に?”という世論が出る可能性にも配慮した」と説明。開催直前での中止決定については、「開催を期待するファンの気持ちも含め、有識者を交えてギリギリまで検討を重ねたため」とした。

 今回のライブには一青窈(37)ら日本、韓国、台湾の歌手4組が両日に出演し、2日間で約2万人の動員を見込んでいた。チケットは完売していなかったが、「売れ行きは順調だった」(同委員会)。「後日、あらためて今回の企画をもとに再構築したい」との意向を示したが、振り替え公演などの予定はなく、チケットの払い戻しを開始。会場費や人件費など、中止に伴う損失は大きいとみられる。

 なお同フェスのその他のプログラムは、予定通り実施される。

 ≪会場の西の丸庭園 天守閣間近の人気スポット≫会場の西の丸庭園といえば大阪城公園内にあり、天守閣を間近に望む絶好のロケーションが人気で、最近では多くの催しが行われている。05年の葉加瀬太郎(46)らによる「情熱大陸スペシャルライブ」などの音楽イベントはもちろん、昨年6月にはアジア初となるモトクロスの世界大会も開かれ、話題となった。橋下徹大阪市長が「大阪を世界に売り出すチャンス」と後押しし、文化庁が国の特別史跡である同所にコースの造営を許可して開催が実現した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年4月25日のニュース