宮迫、号泣の小林麻耶「新たな一面」に感心「絶っ対必要な共演者」

[ 2014年4月25日 14:19 ]

宮迫博之と小林麻耶

 「雨上がり決死隊」の宮迫博之(44)が25日、自身のツイッターを更新。金曜MCを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、元TBSのフリーアナウンサー・小林麻耶(34)がブログを批判され、号泣したことに「ただいじられて、かわいこぶってるだけじゃない彼女の新たな一面を見た」と感心した。

 急上昇した検索ワードを紹介するコーナー「Yahoo!検索急上昇バイキング」。この日は、前日24日にテレビ朝日の入社試験に落ちていたことを告白した小林のブログも取り上げられた。

 「日本テレビ、フジテレビ、テレビ東京さんはTBSから内定を頂いたので、試験を進むことを辞めてしまった」とつづったことが「結局、自慢話になっている」「一般人からしたら嫌味に聞こえる」などとインターネット上で反感を買い、小林は本番中に号泣。

 宮迫は「本番終わりに彼女に詳しく聞いてみたところ、性格もろもろを嫌いだとか言われるのは平気だけど、真剣にやっているブログをあんな風にいじられるのが耐えられなかったのだ」と小林の気持ちを代弁。

 「ただいじられて、かわいこぶってるだけじゃない彼女の新たな一面を見て、さらに絶っ対必要な共演者だと強く思うのであった」と番組を引っ張るMCとして感じ入っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年4月25日のニュース