松緑長男が「左近」襲名 海老蔵&菊之助長男と「平成の新三之助」だ

[ 2014年4月25日 05:30 ]

三代目尾上左近初舞台会見で写真に納まる(左から)尾上松緑、尾上左近、尾上菊五郎

 歌舞伎俳優の尾上松緑(39)の長男藤間大河(8)が東京・歌舞伎座での「六月大歌舞伎」(1日初日)で尾上左近を名乗ることになり24日、都内で記者会見を行った。

 夜の部「蘭平物狂」の繁蔵役で初舞台を踏む大河は「尾上左近でございます。よろしくお願いいたします」と緊張気味にあいさつ。同席した尾上菊五郎(71)は「しっかりした子」と太鼓判を押した。

 松緑は辰之助時代に市川海老蔵(当時新之助、36)、尾上菊之助(36)と「平成の三之助」と呼ばれ人気を集めた。海老蔵には昨年3月に長男、菊之助にも同11月に長男が誕生しており、左近と3人で“平成の新三之助”として活躍する日が期待される。

 松緑は「みんなで手を取り合って、次の次の世代の歌舞伎を支えてほしい」と希望。松竹の安孫子正専務取締役も「そういう時がくるかもしれない」と笑顔で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月25日のニュース