黒川智花、母親役に初挑戦!シングルマザーの看護師に

[ 2014年1月11日 05:30 ]

NHKドラマ「ちょっとは、ダラズに」の会見に劇中の衣装で出席した(左から)古谷一行、森昌子、黒川智花、小林星蘭、竜雷太

 女優の黒川智花(24)が10日、主演するNHKのBSプレミアムドラマ「ちょっとは、ダラズに。」(29日後10・00)の完成会見を東京・渋谷の同局で行った。

 鳥取県米子市を舞台に、看護師として働くシングルマザーが周囲の“ダラズ”(何事にも前向きで開放的という意味の方言)な人との交流で生き方を見つめ直す。黒川は母親役に初挑戦し「地元の方に温かい優しさとパワーをもらった」と笑顔。

 7年ぶりにドラマ出演した歌手の森昌子(55)は「私は“ダラズ度”は80%。明るく、くよくよせず生きています」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年1月11日のニュース