淡路さん長男が記者会見「自分を犠牲にして家族のために生きてきた」

[ 2014年1月11日 23:48 ]

淡路恵子さんの思い出を語る長男の井田晃一郎氏

 「何事にも背を向けず、自分を犠牲にしても愛する家族のために生きてきた。強い女性でした」。俳優淡路恵子さんの長男井田晃一郎さんは11日夜、淡路さんの遺体が安置された東京都豊島区の仙行寺で記者会見し、母親への思いを語った。

 最後に会話をしたのは昨年10月。淡路さんは病床で半紙に自身の本名や芸名をしたため「もう書けないから。形見と思って大切にして」と井田さんに手渡したという。

 淡路さんは晩年、先立たれた息子2人の遺影とともに、夫だった俳優の故萬屋錦之介さんが宮本武蔵を演じたときの写真を自室に飾っていた。井田さんは「子どもよりも旦那(錦之介)さんのために生きていた」と、母の人生を振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年1月11日のニュース