毅郎氏とテレビ界初の兄弟キャスター 森本哲郎氏死去

[ 2014年1月11日 05:30 ]

死去した森本哲郎さん

  評論家の森本哲郎(もりもと・てつろう)氏が5日午後3時、虚血性心不全のため東京都内の自宅で死去した。88歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男進(すすむ)氏。

 朝日新聞記者、「週刊朝日」副編集長などを歴任した後、76年フリーとなった。世界各国を訪ねながら、評論家として文明や歴史を考察し、作品にまとめた。80年にはTBS系「海外取材ニッポンの実力」のキャスターを務め、NHKアナウンサーだった弟の毅郎氏とテレビ界初の「兄弟キャスター」として話題になった。88年から92年まで東京女子大教授。著書に「サハラ幻想行」、「ことばへの旅」シリーズ、「文明の旅」など。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年1月11日のニュース