たかじんさんお別れ会 在阪の民放5局がタッグ組み開催へ

[ 2014年1月11日 06:30 ]

やしきたかじんさん

 3日に死去した歌手でタレントのやしきたかじんさん(享年64)のお別れの会を、在阪の民放5局がタッグを組んで開く計画が進行していることが10日、分かった。

 関係者によると、冠番組を持つ読売テレビ、関西テレビ、テレビ大阪のみならず、在阪5局の社長が発起人に名を連ね、始動。別の関係者によると、たかじんさん自身が生前に、「偲(しの)ぶ会をやるなら、じめじめせず楽しく派手にやってほしい」と言っていたといい、“視聴率男”の異名を取った関西テレビ界の功労者を、盛大に送り出す会となりそうだ。春ごろまでの開催を目指しているという。

 またこの日、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」(日曜後1・30)の収録が同局で行われ、冒頭に出演者がたかじんさんへの思いを語った。前副委員長の辛坊治郎(57)も出演し、スタジオが“しんみりムード”になるのを避けようと「泣かないよ、今日は」と宣言。現副委員長の山本浩之(51)も「いつまでもめそめそしてちゃダメ。たかじんさんがいなくなって、関西がダメになったと言われたらあかん」と、努めて明るくふるまった。

 パネリストも追悼コメント。津川雅彦(74)は、「言いたいことを言って、やりたいことをやったかっこいい人。ああいう生き方、死に方をまねしたいけど、なかなかできない。尊敬してました」と語った。田嶋陽子(72)も、「番組の打ち上げでは、“オレ、田嶋先生大好き”と言ってくれ、歌手になりたいと言ったときも、たかじんさんだけ笑わなかった」と、優しい素顔を明かしていた。12日放送。

 同局では、「今後も番組が続く限り、たかじんさんを委員長とし、控室も今まで通り用意したい」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年1月11日のニュース