「ベルばら」40年ぶりに新作 20日発売「マーガレット」に掲載

[ 2013年4月18日 20:03 ]

「ベルサイユのばら」の新作短編が掲載された別冊付録(右)とマーガレット

 1970年代に大ブームとなった漫画家池田理代子さんの代表作「ベルサイユのばら」の新作短編が、20日発売の漫画誌「マーガレット」の別冊付録に掲載されることが18日、分かった。「ベルばら」の新作が登場するのは約40年ぶり。

 集英社によると、新作は全16ページで、主人公オスカルと出会う前の、アンドレの少年時代が描かれている。同誌の創刊50周年を記念して、池田さんが書き下ろした。

 「ベルサイユのばら」は革命前後のフランスを舞台に、王族や貴族、従者らの愛を描いた物語。72年から「週刊マーガレット」に連載され、翌年、完結した。アニメ化、宝塚歌劇団で舞台化もされ、人気を博した。

 池田さんは同誌に「私の少女時代の感性と夢を育んでくれた『マーガレット』。あの時代に得たものは、現在も、私の大切な宝物たちです」とのメッセージを寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年4月18日のニュース