岩城滉一が宇宙旅行へ!来春挑戦決定「地球は青かったと言いたい」

[ 2013年4月18日 15:06 ]

「Luminox SXC SPACE ADVENTURE」記者発表会に出席し、チケットを受け取る岩城滉一

 俳優の岩城滉一(62)が来年春、日本の芸能人初の宇宙飛行に挑戦することになり、18日、都内で行われた発表会に登場した。

 オランダの民間人を対象とした宇宙旅行事業を行う「SXC」社が14年から「スペースアドベンチャープロジェクト」(民間宇宙旅行)をスタート。米国の時計ブランド「ルミノックス」がこのスタートを記念し、宇宙パイロット向けのスペシャルモデルの腕時計を発売する。そこで、ルミノックスからの依頼を受け、同メーカーの長年の愛用者である岩城が日本の芸能人初の宇宙飛行を体験することが決定した。

 岩城が体験する宇宙旅行は出発から帰還まで45分のフライトで、宇宙空間には約3~4分の滞在となる。さらに、パイロットと2人だけのフライトとなり、岩城はさながら副操縦士的な搭乗を体験することになる。

 一昨年に今回の依頼を受けたという岩城は「(最初は)宇宙に行くっていう感覚があまりなくて、いいんじゃないの?って軽い返事をしてしまった。去年は何もなくて、今年になったらいきなりスーツが届いた。忘れていたとは言いませんけど…ちょっと驚いた。それから、次に契約書が来た。本当に行くんだって」と今年に入り、急展開を見せたことを明かした。

 「僕みたいな一般人は無理かなっていう思いがあった。地球は青かったって言いたいね。一生懸命務めて、戻ってこんなに素晴らしかったとちゃんと伝えたい。体は万端。先駆者ということで、リスクはいろいろあるでしょうけど、絶対に先駆者になります。やる以上、中途半端ではやれないですから。絶対成功します」と意気込みを語った。

 岩城は今後2日間に渡るトレーニングを行い、来年春に宇宙飛行を行うことになる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年4月18日のニュース