PR:

慶應義塾大学【対東大2回戦】高橋亮が救った!1失点完投で星を戻す

対東大2回戦   慶大4-1東大 ( 2017年9月18日    神宮 )

初先発で初完投を成し遂げた高橋亮(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 「完投するつもりはなかったんですけど、結果的にできてよかったです」――悪夢の敗戦から1日空けて迎えた2回戦。リーグ戦初先発となった高橋亮吾(総2)が見事に9回を投げ切って2けた奪三振の1失点完投。チームを救う快投で手にしたリーグ戦3勝目はチームの今季初勝利となった。

 台風一過の青空が広がる神宮の杜。慶大も嵐を吹き飛ばし快勝といきたいところだ。

 慶大の先発は高橋亮。リーグ戦初先発だが、「緊張せずにいつも通り投げられました」と、初回から連続三振を奪うなど最速145キロを計測した速球を内外に投げ分けて東大打線を力でねじ伏せる。3回まで東大をノーヒットに抑える素晴らしい立ち上がりを見せた。

 試合が動いたのは慶大が円陣を組んだ4回。「思いっきり振っていきました」と、5番郡司裕也(環2)にセンター返しの今季初ヒットが生まれる。続く清水翔太(総4)は初球を捉えてライト前ヒット。無死一・三塁のチャンスを作る。1アウトを取られたが、8番キャプテンの照屋塁(環4)がセンター前へタイムリーヒットを放ち、慶大が先手を取った。

 しかしその裏、先頭の新堀にレフト戦を破られて高橋亮は東大打線に初ヒットを許す。続く楠田から三振を奪うも田口に四球を与え、代打磯野にヒットを打たれる。1死満塁のピンチを招くと6番山下朋にセンターへのタイムリーヒットを浴び、同点とされてしまう。

 直後の5回。先頭の1番中村健人がレフト前へ運ぶと、犠打の後に連続四球をもらって1死満塁の好機を迎える。ここで郡司がきっちりライトへ犠牲フライを上げて勝ち越し。さらに続く清水翔も見事な流し打ちタイムリーヒットを見せ1-3とする。7回には先頭の柳町達(商2)が鮮やかに左中間への2塁打を放つと、郡司がレフトオーバーのタイムリーツーベース。4点目を奪って東大を突き放す。

 今日の高橋亮が不安定だったのは4回だけだった。捉えられた4回以降はスライダーやフォークを交えながら、自慢の直球を決め球に三振を奪っていく。最終回のマウンドにも上がった高橋亮。長打を1本浴びたが最後は代打の森田をセンターフライに仕留めてゲームセット。三振は積み重ねること10個。見事な完投勝利を挙げた。

 今日の勝因は高橋亮の好投に尽きるだろう。1回戦は投手陣が試合を作れなかっただけに無事立ち上がり、大崩れせず、最後まで投げ切った高橋亮のピッチングは1、2年中心の投手陣を助け、かつ刺激を与えたに違いない。この1勝の意味は想像以上に大きい。そんな高橋亮の好投が光った一方で自慢の打線は8安打を放ち8四死球を貰いながら4得点と非常にさびしい。先頭打者が9イニングで6回出ているだけに最後の一本がどうしても出ていないことが惜しまれる。今季初勝利を掴んだが、まだ1勝1敗のタイに過ぎない。宮台だけではない好投手との戦いがこれからも続くだけにこの暗雲を早く切り裂いてほしい。

 【This is YOUR day!!】 ポーカーフェイスの速球派 高橋亮吾

 リーグ戦初先発とは思えない会心の1勝を挙げたその瞬間にも表情を変えなかった。昨季は中継ぎエースとして9試合に登板。5イニングにもなるロングリリーフもこなす奮闘ぶりで慶大の躍進を支えたが、優勝を懸けた早慶第2戦では悔しい黒星を喫した。昨季を超える大車輪の働きで今季こそ優勝を。その一瞬のため彼は黙々とバッターに投げ込んでいく。(記事:慶應スポーツ新聞会・尾崎崚登)

[ 2017年9月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月18日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム