PR:

慶應義塾大学【対法大4回戦】圧巻本塁打ショーも空砲に 勝負の火曜決戦に敗れる

対法大4回戦   慶大6-7法大 ( 2017年9月26日    神宮 )

3試合連続本塁打を放っている岩見(C)慶應スポーツ新聞会
Photo By 提供写真

 届かない。あと1本、あと一球、あと10センチ。勝ち点をかけた運命の火曜決戦は、痛恨の逆転負け。郡司裕也(環2)、岩見雅紀(総4)、明渡稜(政4)に本塁打が飛び出すも、投手陣が粘りきれなかった。4点を追う最終回に一点差まで詰め寄るも、あと1本が出ず惜敗。自力優勝消滅。もう後がない。

 1勝1敗1分で迎えた第4戦。慶大の先発マウンドには、今季2勝目を狙う津留崎大成(商2)が上がった。その津留崎は立ち上がりからエンジン全開。140キロ中盤の直球と自慢の変化球で、力ないフライの山を築く。3回までに許した走者は一人だけ。わずか31球で3つの「0」を並べた。

 テンポの良い津留崎の投球に慶大打線も呼応する。3回、女房役の郡司が法大長谷川のカーブを捉えレフトへ大飛球を放つ。滞空時間の長い打球は風に乗ってそのままスタンドイン。郡司の2試合連続アーチで幸先よく先手を取った。勢いそのまま続く4回、柳町達(商2)が7球粘り四球を選ぶと、打席には対長谷川3ホーマーと相性抜群の岩見。その3球目、外角低めの直球を無理せず流し右方向へ。ぐんぐん伸びる岩見の打球は、右翼スタンド中段まで届いた。主砲の3試合連続となる通算18号で、試合の流れを呼び込んだかのように思えた。

 しかしその裏、先頭相馬の左中間への鋭い打球を名手柳町が取り損ねると、この一打が風雲急を告げる。好投を見せていた津留崎の球が荒れ始めた。失策が絡み、満塁のピンチを招くと、7番川口の打球は右翼手後方への飛球。これを天野康大(環4)があと少し届かず、走者一掃の同点適時三塁打に。大久保監督がマウンドへ行くも立ち直れず、そこから連続四球を与え再び満塁のピンチ。たまらず投手交代。このピンチで2番手石井雄也(商2)が見事な火消し。逆転は許さなかった。

 悪い流れが断ち切れない。昨日のように勝ち越したい慶大だったが、法大2番手菅野の前にチャンスが作れず、流れは完全に法大ペース。6回、先頭毛利にヒットを許すと、続く川口の打球はまたしても嫌なところに飛ぶ。左翼手前方に飛んだ打球は岩見のグラブに収まりかけたが、こぼれ落ち二塁打に。この後、死球と犠牲フライで1点を失い、なおも1死一、二塁。現在、首位打者船曳の打球は高い弾道を描きバックスクリーン手前へ。この打球に柳町は追いつくも捕球をすることができず、2人の走者を帰してしまった。石井、痛恨の3失点。

 7回のマウンドに上がったのは、速球派左腕・佐藤宏樹(環1)。最速145キロの直球で2つの三振を奪うも、2本のヒットであっさり失点。1イニングもたず、高橋亮吾(総2)にスイッチ。高橋亮は4連投も何のその。ポーカーフェイスで抑え込む。

 すると9回、慶大打線が意地を見せる。1死から清水翔太(総4)、倉田直幸(法4)の連打で1点を返し、菅野をマウンドから引きずり下ろした。押せ押せムードの慶大だが、続く郡司が空振り三振に倒れ2死に。ため息交じる3塁側。ここで登場したのは副将明渡。バッティングカウントで迎えた3球目。高めの真っ直ぐを完璧に捉えた打球は、打った瞬間それと分かる本塁打。スタンドに歓喜の渦を呼び込んだ。しかしまだ一点ビハインド、2死。諦めない慶大打線は、さらなる粘りを見せる。代打中村健人(総2)、1番天野の連打で一打逆転のチャンスを演出。ここで迎えるは昨日のヒーロー瀬尾翼(理4)。しかし、ここは三球三振。あと一歩届かなった。

 最終回に見せた猛攻は、「慶應のユニフォームを身にまとうプライド」そのものだ。適時打を放った倉田、本塁打を打った明渡は2人とも二浪。4番岩見、主将照屋も一浪して慶大へ。みんな神宮に輝くグレーのユニフォームに憧れてやってきた。優勝争いからは一歩後退した慶大。だけど、今の4年生ならこの逆境をはねのけてくれるに違いない。(慶應スポーツ新聞会 記事:若林 晃平)

[ 2017年9月28日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月23日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム